昭和寅次郎の昭和レトロブログ

昭和を知らない世代による昭和レトロ、昭和芸能のブログです!

後追い世代も魅了された!キャンディーズが9月1日でデビュー50周年!

 

キャンディーズが9月1日でデビュー50周年!

 

「普通の女の子になりたい」という

あまりに有名なフレーズを残して解散した

アイドルグループ・キャンディーズ

9月1日でデビューから50周年を迎えました

 

(デビューシングルの「あなたに夢中」)

 

蘭ちゃんこと伊藤蘭さんは

あちこちのメディアに出て「50周年」と

口にされていますので

50周年をご存知の方も多いかと思いますが

今回は私も好きなキャンディーズについて

書いていきたいと思います

 

下のように新聞にも取り上げられました

 

キャンディーズ50周年を取り上げた新聞記事)

 

あ、そういえば前回と前々回は

吉田拓郎さんについて取り上げ

キャンディーズに「やさしい悪魔」を

提供したことを書きましたが

あれは今回の記事を書くための布石だったのです(笑)

 

 

shouwatorajirou.com

前置きはこれくらいにして

どうしてキャンディーズ活動時に

影も形もなかった私が

キャンディーズに魅了されたか

書いていきたいと思います

 

魅力➀グループであることを活かした3人のハーモニー!

 

これは私がリアルタイムで見たアイドルグループ

というよりグループアイドル?にはもちろん

聖子さんや明菜さんといった昭和ソロアイドルにもない

キャンディーズならではの魅力だと思います


私がリアルタイムで見たアイドルは

みなさんユニゾンのみで歌われていてハーモニーがなく

キャンディーズの楽曲を初めて聴いたとき

そのハーモニーの美しさやコーラスワーク

3人の掛け合いがなんとも楽しくて

それがアイドルらしいキュートな楽曲に乗っていて

心が躍るような心地がしました

 

私が女性だったら3人でカラオケ行って

キャンディーズごっこをしてみたいなぁなどと

考えてしまいますね

 

当時はグループという形態は新鮮だったでしょうが

私の世代あたりからグループの人数が多くなり

でもハーモニーはなく

キャンディーズはその点が逆に新鮮に映りました

 

私の青春時代やいまのグループアイドルさんに

ハーモニーがないのはダンスに力を入れていて

歌にはあまり重きを置いていないのかな?

とふと思いましたが

いまの流行が全然わからない門外漢ですので

まぁ本当にわからないです(笑)ごめんなさいね

 

 

さてその3人のハーモニーですが

魅力を実際の楽曲を聴いていただきましょう

 


www.youtube.com

 

まずデビュー曲の「あなたに夢中」(1973年)ですが

心を~♪」とメインボーカルのスーちゃんが歌うと

ささげて~♪」と蘭ちゃんとミキちゃんの

コーラスでつなげるというのは

面白い掛け合いだなぁなんて思います

 

あとは「アン・ドゥ・トロワ」(1977年)は

3人の柔らかな高音の美しさにもううっとりです

 


www.youtube.com

 

この2曲だけでお分かりただけるかと思いますが

楽曲によって歌い方を変えられるキャンディーズ

立派な実力派アイドルですね!

 

魅力②メンバー3人も曲作りに参加!

 

アイドルなのに3人がそれぞれ

作詞・作曲業にも参加しており

これには本当にビックリしました

そのようなアイドルグループは

私の青春時代には(おそらく)いなかったですから

 

え!アイドルでも作詞・作曲をするのか!

と衝撃でしたね

 

キャンディーズはメンバーの自作曲を収めた

オリジナルアルバムを何枚か発表しているのですが

例えば下の「早春譜」(1978年)というLPでは

3人のそれぞれの自作曲(共作ではありますが)のみで

アルバムが構成されています

 

 

帯に「ラン・スー・ミキ自作自演集」と書いてあります

 

あ、帯のせいでミキちゃんが見えないですね(笑)

では見える画像を(裏ジャケです)

 

 

 

アイドルっぽくない雰囲気ですよね

アン・ルイスさんがロック路線に切り替えたときも

河合奈保子さんがシンガーソングライター路線に

舵を切ったときもジャケット写真は

アイドルらしくないんですよね

 

しかもこのLPがキャンディーズにとっての

最後のオリジナルアルバムなんです

 

最後に全曲自作曲のLPを出すというのは

なかなか挑戦的で攻めていますね

 

ちなみにいちばん作曲の才能を発揮したのが

メンバーの中ではミキちゃんで

いちばん多く自作曲を手がけたほか

解散から5年後の1983年に発売された

ミキちゃん唯一のソロアルバム「夢恋人」でも

収録曲数10曲のうち半数の5曲を作曲しています

 

魅力③いまも人々を魅了する色褪せない魅力

 

蘭ちゃんは2019年から歌手活動を41年ぶり(!)に

再スタートさせてコンサート活動もやっていますが

それだけの年月が経っているのに

たくさんのファンが集まり

特にキャンディーズナンバーを歌うと

会場は大盛り上がりになります

往年のファンの方は青春時代に戻るのでしょうね

 

蘭ちゃんは「RAN To You」というラジオ番組を

やっているのですが番組宛てのメールでは

往年のファンから「年下すぎる男の子」(蘭ちゃん談)

まで実に幅広い世代からメッセージが届くそう

 

長い年月が経っても人が集まったり

活躍していた時代を知らない世代をも

魅了するのは楽曲や歌の力やメンバーの魅力が

新鮮さを保ち続けているということでしょう

 

私自身もキャンディーズナンバーを聴くと

胸がキュンとしたりワクワクしたりしますし

昔の蘭ちゃんにも現在の蘭ちゃんにも

うっとりしてしまいます

 

prtimes.jp

 

9月2日の東京公演は「Celebration day!」

と銘打たれ、特別なステージとなったようです

 

natalie.mu

デビュー日に50周年CDボックス発売!

 

また50周年記念として5枚組CDボックスが

デビュー日の9月1日に発売されます!

 

5枚のうち蘭ちゃんとミキちゃんが

選曲したディスクもあり

蘭ちゃんとミキちゃんの対談も掲載された

ブックレット付きという豪華なアイテムです!

 

選曲と対談のために久しぶりに会ったお二人は

一気に当時に帰ってはしゃぐように

盛り上がってお話しされたそうです

 

いまだ仲よく話せる親しそうな関係性も

何だかほっこりします

 

最後にこちらも感謝がえし

 

新聞の見出しに「感謝がえし」とありますが

こちらもキャンディーズに感謝したい気持ちですね

 

私などは当時をまったく目撃していないのに

こんなにもワクワクさせてくれるなんて

本当にありがたいです

 

参照:

雑誌「昭和40年男」8月号

雑誌「サライ立秋特大号